ONLINE SHOP
  • 【BARNSTORMER】DRESS FATIGUE PANTS / NAVY
  • 【BARNSTORMER】DRESS FATIGUE PANTS / NAVY
  • 【BARNSTORMER】DRESS FATIGUE PANTS / NAVY
  • 【BARNSTORMER】DRESS FATIGUE PANTS / NAVY
BARNSTORMER

【BARNSTORMER】DRESS FATIGUE PANTS / NAVY

Regular price - ポイント
サイズ:
色:

BARNSTORMER (バーンストーマー) のファティーグパンツ。

【ファブリック】
ヘリンボンは1940年代からワークパンツによく使われていた素材。ニシンの骨のような模様からそう呼ばれた。
当時のドビー機を使って再現したヘリンは左右対称ではなく昼夜のような綾目が素晴らしい。

【ディテール】
仕立屋の縫製でテーパードさせ裾をWで仕上げたドレスファティーグ。
ジャケットと革靴とのコーディネートに最適。

【スタイリング】
Tops :【CMF OUTDOOR GARMENT】PHANTOM SHELL COEXIST / BLACK
Shoes : 【GARMONT】DRAGONTAIL G DRY / BLUE

*税込み1万円以上のお買い物で送料無料

Model : 186cm / Size : L
*商品の色味はこちらの写真をご参考ください。

コットン100%

Size M : ウエスト43 ヒップ52 ワタリ幅32 股上30 股下67.5 裾幅19
Size L : ウエスト44 ヒップ54 ワタリ幅33 股上31 股下68.5 裾幅19.5
Size XL : ウエスト46 ヒップ55 ワタリ幅34 股上32 股下70 裾幅20
(cm)

<BARNSTORMER / バーンストーマー>

前身は1977年に創業当時アイビー全盛の中まだまだ販売先は多くはない時代、アメリカ製と同じ表情を日本で作り上げることに主軸をおいたカジュアルメーカーとして誕生しました。

アメリカ製と同じ縫製の出来る工場やミシンを探し、同じ風合いの生地を作り、日本製のアメリカントラッドを作り上げた事は画期的だったと言われています。

そこにアメリカの実用品衣料を扱うインポートセレクトショップが登場。売れ筋輸入品の追加ができない状況と需要供給が合致したことにより80年代90年代に火がつき、 日本初の本格的な国産トラッドメーカーの御三家としてパンツのバーンストーマーと言われ全国の専門店にてチノパンはとても好評だったと聞きます。

当時からアメリカのワークスタイルはドレス仕立て。豊ゆえにたどり着く合理性と産業性、そこには繊細かつ豪快な物作りが存在しました。あの頃の普通が格好良かった、あの頃のべーシックが洒落ていた、当時のアメリカのライフスタイルごと再現していくことがバーンストーマーのテーマ。強い憧れがいつしか信念にかわり、気がつけば米国の専門店が買い付けに訪れるようになっていました。

---
世の中は少しだけ変わったが
想いは少しも変わらない
バーンストーマーが当時のアメリカを、再び日本に復活させる
---

カットソー/ニット
着丈:ネック裏の端から裾にかけての直線の長さ
身幅:平置きの状態で脇下同士を結んだ長さ
肩幅:左右の肩山を直線で結んだ長さ
袖丈:肩山から袖先までを直線で結んだ長さ
裄丈:ネック裏の中心から肩山を経由して、袖先までの長さ

ジャケット/コート
着丈:襟の付け根中心から裾にかけての直線の長さ
身幅:平置きの状態で脇下同士を結んだ長さ
肩幅:左右の肩山を直線で結んだ長さ
袖丈:肩山から袖先までを直線で結んだ長さ
裄丈:ネック裏の中心から肩山を経由して、袖先までの長さ

シャツ
着丈:台襟付け根の中心から裾にかけての直線の長さ
身幅:平置きの状態で脇下同士を結んだ長さ
肩幅:左右の肩山を直線で結んだ長さ
袖丈:肩山から袖先までを直線で結んだ長さ

パンツ
ウェスト:平置きの状態で左右のウェストを直線で結んだ長さ
ヒップ:ウエストの中心から下に20cmの箇所を起点に左右を直線で結んだ長さ
ワタリ幅:股下中央から左右を直線で結んだ長さ
股上:股下中央の縫い目から垂直にウェストまでを結んだ長さ
股下:股下中央の縫い目から内側のシームに沿って裾先までを結んだ長さ
裾幅:裾の幅を直線に結んだ長さ

【注意事項】
・全て平置きで計測しています
・手作業による採寸のため、多少の誤差が生じる場合がございます
・ストレッチ素材の商品は、伸びていない状態の寸法を表示しています
・襟のある商品の場合、襟は含みません
・ダウンジャケットはダウンのふくらみをなくし、平たく伸ばした状態の外寸を表示しております
・フィット感を確かめるために、お手持ちのウェアを測り、サイズ寸法を比較されることをおすすめします